最後に意見を聞いた福岡の割り切り

投稿者:

「弱い人を嘲笑するときは、自分の顔すら知らない人を見下します。賢い人はそんな言葉を使いにくいです。」

「日記について」では、

福岡 〜割り切り出会い掲示板【情報】

 

顔さえ知らない見知らぬ人を軽蔑しません。私のことをまったく知らないけれど、私の意見を私が知っているように解釈する顔すら知らない人を批判しました。福岡の割り切り

私はそれを弱いと比喩しませんでしたが、コメントした人はそれを許可なく解釈しました。

繰り返しになりますが、私の気持ちから来るものは一般的に私に当てはまります。他の誰もそれに触れる権利を持っていません。ですから、私の意見を変えて、それを私なりの方法で解釈するのは傲慢です。

また、賢い人はそんな言葉を使いにくいようです。しかし、それは他人の意見や感情を尊重します

またね

気に入らなければ嫌いで放っておいてもいいのですが、自分のことを知っているかのようにコメントしたので、前回の日記に自分の意見を書いただけですが、今回は他の人が否定したコメントがありました。

福岡の割り切りその人は、「日記を書いているので、返事がないので、ここに悪い文章は必要ありません。人を否定したら、自分を格下げします」と言った。

まず、日記の書き方は人によって異なりますが、それを示すために書くことは日記の定義から外れています。それはブログです。

そして、私たちは作家ではないので、彼らはすべて悪い執筆です。これは有名な作家の集まりではありません。

最後に、私は私の最後の日記で他に何も否福岡の割り切り定していません。あなたの意見を書いてください。私はあなたが否定されたと感じたことを知っていると思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です